アプリコットカーネルオイルのデメリット

 

アプリコットカーネルオイルのデメリット

 

 

アプリコットカーネルオイルのデメリットは
効果が出るまでに時間がかかることです。

 

それ以外のデメリットは
ほとんど無いのですが唯一考えられるのが・・・

 

 

 

効果が出ているかを実感できるのは個人差がある。

 

それが、アプリコットカーネルオイルの
唯一のデメリットとなりますね。

 

 

 

 

アプリコットカーネルオイルは
杏仁オイルとも呼ばれています。

 

効果は、肌に潤いを与え
硬くなった角質を柔らかくします。

 

 

アプリコットカーネルオイルのデメリット

 

 

なので、皮膚の老化が原因と言われる
老人性イボなどに塗ると肌が若返り
イボが徐々に取れて消えてしまうんですね。

 

あくまで民間療法の一つなので
本当に効果があるのかは使わないとわかりません。

 

 

 

アプリコットカーネルオイルは
アンズの種の中心部分を取って
油分を抽出して生成しています。

 

古くから生薬としても使用されていて
麻黄湯や麻杏甘石湯などの漢方薬にも使われています。

 

 

 

別に新しいものでもないんですよ。

 

アプリコットカーネルオイルは
杏仁オイルとも呼ばれています。

 

 

杏仁オイルの効果は以下のページで
解説しているので参考にしてみてくださいね。

 

↓↓       ↓↓

 

杏仁オイルとは何?杏仁オイルの成分について解析! 

 

 

トップへ戻る