自宅で老人性イボを取る方法

 

自宅で老人性イボを取る方法

 

自宅で老人性イボを取る場合は
ドラッグストアでイボの薬を買うか
通販でイボに効果的な製品を買うかのどちらかですね。

 

ドラッグストアでイボの薬を買うという場合は
「イボコロリ」を購入する人が多いかもしれませんね。

 

 

イボコロリを含めたイボの薬には
「サリチル酸」という成分が配合されています。

 

多くのイボの薬の主成分が「サリチル酸」ですが
皮膚の角質を柔らかくする角質軟化作用があります。

 

 

 

 

イボに塗ることで患部の角質が腐食して
皮膚の下で新しい皮膚が再生しようとするんです。

 

なので、イボが下から新しく再生された皮膚により
押し上げられてイボが無くなるということなんですね。

 

 

自宅で老人性イボを取る方法

 

 

しかし、サリチル酸のデメリットとしては
肌が弱いと肌荒れを起こしてしまうということです。

 

 

「イボコロリを塗って肌が荒れた!」

 

そういう話も聞いたことがあります。

 

 

 

 

また、目の周りにイボができている場合は
やはりイボコロリの使用はやめたほうが良いでしょうね。

 

液を大量に患部に塗ると
肌荒れを起こす場合もあります。

 

 

 

ドラッグストアで買うことが出来る
イボコロリに対して通販はどうでしょうか?

 

 

自宅で老人性イボを取る方法

 

 

通販では、杏仁オイルが主成分の製品が
かなり多く出回っています。

 

杏仁オイルは、基本的に角質を柔らかくして
イボを徐々に小さくしていくというものです。

 

 

 

 

杏仁オイルは、危険なオイルではないので
全身に塗ることが出来ます。

 

肌が荒れやすい人も使うことができるので
安心して利用することが出来ますよ。

 

 

 

 

目の周りにイボが出来ていたとしても
杏仁オイルの場合は、顔にも塗れるので
イボを除去することが出来るんです。

 

顔や首筋のイボを取りたいという人は
杏仁オイルの入ったこういう製品を使うと良いですね。

 

↓↓       ↓↓

 

杏仁オイルとは何?杏仁オイルの成分について解析! 

 

 

 

トップへ戻る