イボコロリとアンミオイルとを徹底比較!

 

イボコロリとアンミオイルとを徹底比較!

 

 

イボコロリとアンミオイルを
徹底的に比較していきたいと思います。

 

 

イボコロリの特徴

 

イボコロリとアンミオイルとを徹底比較!

 

 

イボコロリもアンミオイル同様にイボに関しても
効果の高い商品で結構有名な薬でもありますね。

 

イボコロリはキャップに付属している棒の先に
液体をつけてイボに塗っていくというものです。

 

 

 

 

イボコロリの液体というのは、イボに塗ればすぐに乾いて
白い皮膜になり肌に浸透していくのが大きな特徴です。

 

すぐに乾くのですが、乾いたらすぐに水仕事や
入浴が出来るのでメリットが大きいところといえます。

 

 

アンミオイルの特徴

 

イボコロリとアンミオイルとを徹底比較!

 

アンミオイルとは、杏仁オイルを使用したオイルです。

 

 

Zealand BIFU株式会社のアンミオイルは
70%の比率で配合されているのでイボを
徐々に小さくして無くしていきます。

 

塗った後は、イボコロリ同様
肌に素早く浸透してすぐに乾いてしまいます。

 

 

 

 

すぐに水仕事が出来たり入浴できたりするのは
イボコロリと同様ですね。

 

ですが、イボコロリと違うのは
肌に潤いも与え美肌効果もあると言う部分です。

 

 

イボコロリで使用してはいけない部分

 

顔面、目の周囲や唇、粘膜など

 

首などの皮膚のやわらかい部分

 

炎症又は傷のある患部

 

水イボ

 

老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ)

 

尖圭コンジローム(肛門周囲や外陰部にできたイボ)

 

一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ

 

 

 

アンミオイルで使用してはいけない部分

 

水イボ(効果を感じられない)

 

 

以上ですが、アンミオイルの場合は
1列に並んだイボや、ひとところに集中した
複数のイボも時間をかければイボが取れていきます。

 

首や顔のツブツブがポロリっ!!

 

 

 

トップへ戻る